インタビュー

【連載第2回】成功企業に聞く! 「瞬発力」と「スピード」の先に成功あり! ~株式会社ベガコーポレーション~

こんにちは!

今回は、「本店ロウヤ」をはじめ自社サイトや楽天市場など10店舗のECサイトで主に輸入家具を販売。中間業者を挟まず大幅な価格改善を実現されている株式会社ベガコーポレーション様です。着る毛布や座椅子などヒット商品も続々で、2012年、13年、14年と3年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤー大賞を受賞するなど勢いは増すばかり。経営管理本部の平方正樹様に業績アップのため注力していることなどを伺いました。

株式会社ベガコーポレーション
経営管理本部管理部 情報システムグループ課長代理 平方正樹様

通販運営でまず大事にしていることはどういったことでしょうか。

一言でいうとスピードでしょうか。弊社はデザイナーやプログラマーも在籍し、商品開発、システムの構築、サイトのページデザイン、コールセンター業務なども自社で行い、外注していないのが特徴です。例えばシステムはもともとEC構築パッケージを購入して使っていました。それを何度も使いやすいように迅速に改修を重ねていき、今では原型を留めておらずオリジナルのようになっています。つまりそれだけ効率化ができているということです。最初の頃は現場から「こういう所が不都合なので直してほしい」という声が出ればすぐに対応していました。現在では会社の規模が以前より大きくなり一つの改修でいろんな部署に影響が出る分、改修を実行する前に熟慮する時間が必要ですが、それでも他社様よりもスピードは速いのではないかと思います。

輝かしい実績もやはりスピードが鍵となっているのでしょうか。

社員全員がスピード重視であることは確かです。自分たちの商品ページを見てここは良くないという箇所があればすぐに修正しますし、コールセンターも社内に設けていますのでお客様のお問い合わせにすぐに社員が対応します。こうやるぞと方向が決まった後のスピードが速い会社だという自負はあります。方向性の意志決定を下すのは社長で、その判断力と行動力が社全体のスピード感を牽引していると思います。このようなことが右肩上がりの業績につながっているのではないかと思います。

中間業者を入れずに低価格を実現するビジネスモデルを成功させるコツとは?

その業務に直接私は携わっていないので詳しくは分かりませんが、社長自らが海外に出かけ、自らの足で情報収集。現地の方々とじっくりコミュニケーションを取った上で企画開発から製造販売まで一貫体制を築き上げているところでしょうか。根本に社長の実直かつアグレッシブな仕事ぶりがあります。

同業他社が多い中でどう差別化を図っていますか。

業務を外注していないので社内にいろんなノウハウが蓄積されているというのが当社ならではの強みともいえます。社内にデザイナーやプログラマーがいたことが子会社になりますがゲームアプリ事業参入への後押しにもなりました。家具販売に関しては、価格を抑えるための直接仕入れやヒット商品の開発などいろいろ努力を重ねても、どこかの会社がすぐに同じような事をしてくるという状況です。商品ページをそのままコピーされたり当社の製品のデザインを少し変えた品がよそで売られていたりすることも。大変な面はありますが、瞬発力とスピードで常に後ろを引き離していきたいです。

今後の取り組みや事業展開についてお聞かせください。

CS向上を目標に掲げているのでCTIと並行して、顧客管理を進めてきました。もうじき顧客管理のシステムが入る予定です。例えばコールセンターではこれまで電話を受けてからそのお客様の情報を取るという形でしたが、そこを変えていこうとしています。事業展開としては、通販のジャンルを家具以外にも広げていこうとしています。すでに生活家電を少しずつ増やしていて、このあたりを重点的に拡大しライフスタイルの提案をできるようにしていきたいと思っています。

「NP後払い」導入の理由と効果はこちらでご紹介していますので、是非、合わせてご覧ください。