ECびと

【連載第6回】成功企業に聞く! 開発から製造・販売まで、苦節7年!
ブロッコリー由来の健康成分『ブロリコ』が大ヒット

2006年に創業し、世界にまだない技術と製品で人々の健康に貢献してきた、イマジン・グローバル・ケア株式会社。代表取締役の木下弘貴さんは、調剤薬局チェーン経営を経て、機能性食品の開発・製造から販売までを行う、ワンストップ事業を起ち上げました。
会社経営の傍ら予防医学を学ぶために入った東京大学大学院で、カイコを用いてヒトへの薬効を測定できる手法に出会い、免疫を活性化させると言われるあらゆる素材を試すなかで、“ミラクルフード”として大変健康によいとされるブロッコリーに着目。ブロッコリーを加工することで、生で食するよりも免疫力の活性化に高い効果が得られる成分『ブロリコ』の抽出に成功し、特許を取得しました。そうして、いよいよ製品化となったとき、新たな問題が勃発。抽出方法が特殊であるがゆえに、対応できる製造工場が見つかりませんでした。それでも製品化を諦められず、結局は「ブロリコ」成分を抽出する自社工場を設立。開発から7年をかけて、2012年ようやく製造・販売までこぎつけることができたといいます。

大企業ではなく、「成長過程の企業」だからこそできることを!
オペレーターの“思いやり”を実現

同社は「成長過程の企業」だからこそできることを考えて、顧客主体サービスの強化に取り組んできました。例えば錠剤を呑むのが困難な人には、ピルクラッシャーを自社で購入して届けることも許可。そのような対応を「顧客感動プロジェクト」と名付け、単純にFAQに沿ってご案内するのではなく、オペレーターひとりひとりが裁量を与えられ、お客様に寄り添ったサービスを提供しています。

元看護師という経歴を持ち、オペレーション部門のマネジャーを務める瀧口景子さんはこう話します。
「オペレーターがお客様に『こうして差し上げたい』と思ったことは極力実現できるようにしています。電話であっても『お客様の隣で話しているように』対応するようにメンバーともよく話しています。また、コールセンターの業務を一部外注化していますので判断に迷うことがあれば、『なんでも聞いてください!なんでも相談してください!』というスタンスで接することで、私たちの想いが外注先のコールセンターで途絶えずお客様まで届くようにオペレーションができることに一番気を配っています。」

DSC_0261
(オペレーション・マネージャー/看護師・法務博士 瀧口 景子様)

販売開始から3年半で70万個突破!
国内での急成長を足がかりに海外へ

やがて2013年には成果が実り、販売数が大幅アップ。実店舗は持たずインターネット販売を中心に、販売開始から3年半で70万個を売り上げました。国内での業績も右肩上がりで成長を続け、現在は国際特許を取得。日本のみならず、アメリカ・韓国と国外での通販事業の拠点を増やし、世界中に『ブロリコ』を届けています。木下代表は元来「世界目線ですべてを見ていきたい」という想いの持ち主で、『ブロリコ』が発見された時点から海外進出を念頭に置いていたそうです。
また、同社はインターナショナルプリスクールの運営事業でスタートしたこともあり、外国人職員が多数在籍。海外事業の展開では、通販サイトのデザイン・制作から海外支店で行うなど、社内の人脈を活用することで現地の人材も採用しローカライズしているといいます。

「現在アメリカのトップマーケティングコンサルタントのJay Abraham氏や、現地のマーケティング会社など、多くの方々にご支援いただいています。通販サイトの構築を一つとっても、日本のような長い商品紹介ページ(ランディングページ)や、色彩を鮮やかにすることはアメリカでは好まれておらず、サプリメント大国だからこそサイト制作を行う際も厳しい薬事法に注意する必要があります。また、デザインにおいても「家族が仲良くサプリを取る」ではなく、白衣を着たドクターの画像を使うなど「メディカル」っぽさを意識するようアドバイスをもらいました。ただし、現地の嗜好性や文化にあわせてローカライズすることを意識しつつも、『日本国内での成功例は海外で通用しない』とは思い込まずに、日本での成功例を海外に展開したいりとなんでもチャレンジしていきたいと考えています。そして、日本・アメリカ・韓国にとどまらず、ヨーロッパやアジア等でも販売を拡大していく予定です。」(瀧口さん)

site

新薬の研究開発の現場で期待を集める特殊技術で、
全世界の健康に対して最適ソリューションを提供

『ブロリコ』から派生したペット用商品の販売が2016年秋からスタートすることが決定し、そのほか新商品の開発も進んでいます。しかし、あくまでも同社が掲げるビジョンは、「『ブロリコ』を販売すること」ではなく、「グローバルに人々の健康をサポートすること」。『ブロリコ』以外にも視野を広げ、免疫力アップを助けるファイトケミカルを効率的に摂取できる “野菜スープ”などの発売も予定されているといいます。

「カイコを用いた手法で、さまざまな健康食品の機能を高める可能性に期待が寄せられています。ブロリコの製造販売事業を除いてもまだまだできることがあると思いますし、個人的にも自社ながら将来が楽しみだと感じています。」(瀧口さん)

これからも従来にない健康成分と製品を生み出し、全世界の人々の健康に対して最適なソリューションを提供できる会社として、輝かしい未来が待っていることでしょう。

「NP後払い」導入の理由と効果はこちらでご紹介していますので、是非、合わせてご覧ください。