インタビュー

【連載第13回】 ブランド理念はそのままに、コミュニケーションは日本のお客様向けに。

南仏・プロヴァンス生まれのコスメティックブランドがライフスタイルを提案

豊かな自然に包まれるフランス南部のプロヴァンスに生まれ、昨年(2016年)、40周年を迎えた「L’OCCITANE(ロクシタン)」。厳選された植物由来の化粧品を通じて、自然と伝統を敬い、その素晴らしさを共有したいというフィロソフィのもと、プロヴァンスのライフスタイルを提案するコスメティックブランドとして、1997年青山で日本初出店を果たしました。現在では、全国主要都市の路面店や百貨店、ステーションビル、ショッピングモールなど、100店舗を超えるまでに成長しています。更にもっと幅広い年齢層のお客様に、場所・時間にとらわれることなくショッピングを楽しんでもらうため、2006年にオンラインショップをオープンしました。

LINE公式アカウントの開設で、更に幅広いお客様へ!

どうやってロクシタンが大切にしていることを日本のお客様に御理解いただき、ロクシタンの製品を手に取り、ライフスタイルの一部としてとり入れて貰うのか、を日々模索しながら日本市場向けのマーケティング戦略を立案・展開していると、小松さんは言います。
「ブランドとしての理念はそのまま継承しながらも、日本のお客様に対して最適なかたちでご提案できるように、年間プロモーションを計画。季節やニーズに応じた新商品&期間限定商品の展開、それに付随するプロモーションを最適なタイミング・方法でコミュニケーションしています。」

(写真右)デジタルマーケティング部 マネージャー 小松花さん
(写真左)インターナショナルプロジェクト担当 アシスタントマネージャー アレクシー・パヴェさん

デジタル領域でいうと、近年、スマートフォン経由のサイト訪問者数が急激に増えています。
特に、2013年にLINE公式アカウントを開設したことにより、その数は急伸長し、多くの新しいお客様と接点を持つことが出来大変嬉しく思っています。今後も、オムニチャネル戦略に基づいて、オンライン/オフラインどちらのお客様にもダイレクトにコミュニケーション出来る重要なコミュニケーションとしてスマートフォンサイトを位置付けています。

メンバーシッププログラム運営により、リピート購入につなげる

ロクシタンではリピート顧客獲得のため、店舗・オンラインショップ共通のメンバーシッププログラム『クラブ オクシタニア』を運営しています。その中でもロイヤル顧客である、『クラブ オクシタニア レーヌ会員』を対象に、レーヌ会員様限定のサービスを提供。「レーヌ会員カードやロクシタンの製品情報・南仏のエッセンスが詰まったDMをお届けするほか、限定ポイントアップキャンペーンのご案内、その他にも特別イベントへのご招待など、たっぷりの特典をご用意しています。」(小松さん)

また、オンラインショップもロクシタンの一店舗と捉え、実店舗でのマーチャンダイジングをオンラインショップでも再現できるように心がけています。一般的には、日本のECサイトはテキスト情報やコンテンツが多く、顧客啓蒙を重視する傾向が強くなりがちです。弊社はその中でも実店舗とメインプロモーションは統一しながらも、何度も訪れたくなるサイトを目指して、オンラインショップ独自の企画にも取り組んでいます。

忙しい日常生活の中にあって、プロヴァンスの旅気分を味わう

今年から来年にかけては、人気のフレグランスやボディケアカテゴリはもちろん、スキンケア・ヘアケアからも続々と、新製品を発売予定。また、ロクシタンを定番ギフトブランドのひとつとして名前を挙げていただける機会も多くなりました。今後の更なるギフトブランドとしての成熟を目指し、新たな提案も準備中です。「ご家族へ、恋人へ、ご友人へ、お世話になった方へ…さまざまなオケージョンに合わせたギフトをご用意してお待ちしています」と小松さん。

ただし、これらもほんの一例に過ぎません。常時、新たな取り組みを模索していきたいと考えています。「販売チャネルを問わず、ロクシタンにお越しいただいたお客様には、『まるでプロヴァンスを旅しているようだった』という時間を過ごしてほしい。私たちの製品を通じて、そんなスペシャルな体験を味わっていただけるように、努力し続けたいです。」