決済

【連載第回】 通販の「コンビニ支払い」でもクレジットカードが使える!例外法を紹介

ECサイト等で商品やサービスを購入し、その支払い方法としてコンビニ支払いを選択した場合、お客様は、店頭にて現金による支払いを行います。この際、クレジットカード払いは基本的にできません。

しかし、一部例外としてクレジットカード支払いができるケースもあります。今回は、どうしてコンビニ決済の際にクレジットカード払いができないのか? その理由と、コンビニ支払い時でもクレジットカードが使える例外の裏ワザをご紹介します。

コンビニ支払いにクレジットカードは使えるの?

まずは、なぜコンビニ支払いの場合にはクレジットカード決済ができないのかについて見ていきましょう。

コンビニ支払いはそもそも収納代行と呼ばれるもので、コンビニが他社の決済を代行するという仕組みです。この際、コンビニ側は収納代行手数料を受け取っています。一方、クレジットカード決済というのは、コンビニとクレジットカード会社の契約になります。そのため、クレジットカードの決済手数料はコンビニが負担しなければなりません

収納代行手数料というのは基本的にわずかです。ここからクレジットカード決済手数料が引かれてしまうと、コンビニは赤字になるケースも少なくありません。つまり、マイナスが出るリスクを冒してまで決済代行をやるわけにはいかないので、非対応としているところが多いのです。

なお、大手のコンビニの場合、切手やハガキ、金券を購入する時のクレジットカード支払いも断っています。これは、切手やハガキ、金券の販売というのもやはり収納代行に当たるため、収益面の理由から対応ができないのです。

【例外】コンビニ支払いでもクレジットカード決済が利用できるケース

前述したとおり、多くのコンビニでは、コンビニ支払い時のクレジットカード決済に対応してくれません。しかし、ファミリーマートとセブンイレブン、ミニストップの場合、条件付きではありますが一部、クレジットカード決済が可能になるものがあります。

ファミリーマート×ファミマTカード

http://www.family.co.jp/

ファミマTカードの場合、ファミリーマートでの利用に限り、収納代行の支払いがクレジットカード決済にて行えます。なぜこうしたことができるのか——。これは、ファミマTカードによる決済を、ファミリーマート自身が内製化しているためです。

ファミマTカードはその名の通り、ファミリーマートが発行しているクレジットカードです。そのため、外部に支払う決済手数料がなく、収納代行手数料だけでもプラスになります。ファミリーマートをよく利用する、という人にとっては、非常に便利なサービスです。

なお、収納代行以外にも、各種公共料金や切手、ハガキ、金券の購入もできます。

nanaco×セブンイレブン

http://www.sej.co.jp/

セブンイレブンが発行する「nanaco」は、収納代行の料金支払いが可能な電子マネーです。さらに、ファミマTカードと違い、税金を支払うこともできます。nanacoのチャージは現金だけでなく、クレジットカードでも可能。そのため、間接的にクレジットカード支払いができるということになります。

なお、nanacoは商品購入によってポイントが貯まるサービスが好評ですが、収納代行等の場合にはポイント付与対象外。あくまで利便性が向上するのみのサービスと言えます。

WAON×ミニストップ

http://www.ministop.co.jp/

イオンが提供する電子マネー「WAON」。こちらについては、ミニストップでの利用に限り、収納代行の支払いが可能です。仕組みとしてはnanaco同様、クレジットカードでのチャージを利用します。支払える種類も、収納代行の他、切手やはがき、金券、税金などでnanacoと同じです。

コンビニ支払いのメリット

前述した通り、通販でコンビニ支払い時にクレジットカードを利用するためには、いくつかの条件を満たさなくてはなりません。そのため、クレジットカードを利用したいのであれば、本来ECサイト等で決済方法を選択する際に「クレジットカード」を選択するのが通常です。

それでもなお、コンビニ支払いを選択したいお客様がいるのには、以下のような理由が考えられます。

  • カード情報をネット上で入力するのが怖い
  • カード番号等を入力するのが面倒
  • カードがたまたま手元にないので、とりあえず購入したい

ECサイトにおけるコンビニ決済の導入は、上記のような理由で購入をためらっている顧客の取り込みに効果的です。また、お店側としては、銀行振込に比べると入金確認がしやすく、代金引換に比べると代金回収や商品キャンセルのリスク軽減にもつながるといったメリットがあります。

まとめ

このように、決済手段として選んだ「コンビニ支払い」時におけるクレジットカード決済は基本的に断られるケースがほとんどです。これは、コンビニ側にとっての利益が出なくなることが理由でした。一部、裏技のような方法もありますが、一般的とは言えないでしょう。

一方で、総務省が発表した「平成25年通信利用動向調査の結果」によると、おおよそ4割の方がECサイトでの商品購入に、コンビニ支払いを利用していることが分かっています。コンビニ支払いに対するニーズ自体は、今後も高まっていくことでしょう。