決済

【連載第回】 コンビニ支払いにした時の手数料は?方法も丁寧に解説

今やネットショッピングは私たちの生活になくてはならないものとなっています。そんな中、支払い方法として人気を高めているのが「コンビニ支払い」。コンビニさえあれば、いつでも好きなタイミングで手軽に支払えるという利便性がその理由です。導入を検討されているECサイトも多いのではないでしょうか。

一方で、「お客様はどのように決済を完了するのか?」「支払いには手数料がかかるのか? その負担は誰が?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるはず。そこで今回は、コンビニ支払い実現に必要な、コンビニ決済代行会社の説明や、支払い方式ごとの流れ、手数料等についてご紹介します。

コンビニ支払いを実現するのは”コンビニ決済代行会社”

コンビニ支払いを導入するもっとも手軽な方法は、決済代行会社の利用です。複数のコンビニをひとつの契約で利用することができ、システム開発・運用コスト等もかかりません。ただし、各社によって提供されるサービスや手数料が異なるので、導入の際にはじっくりと比較検討しなくてはなりません。

コンビニ決済についての詳細はこちらの「売れてるサイトは導入済み!コンビニ決済とは?」でご確認ください。

前払いと後払いの違いとそれぞれの特徴

コンビニ決済には「前払い」と「後払い」があります。名称の通り、「前払い」はECサイトで商品購入申込み後に、入金が確認されたのを待って発送がされます。代金未回収リスクは低いのですが、入金確認や発送保留中の商品の管理といった手間が発生します。

「後払い」は、購入申込みがあった時点ですぐに商品を発送。後から代金を支払ってもらう方式です。入金確認の手間等がない分、代金未回収のリスクが高くなります。そのため、コンビニ決済代行会社の中には未回収リスクに対する保証サービスを用意するところもあります。

コンビニ支払いの方法と方式


前項で触れた通り、コンビニ決済には前払いと後払いがありますが、支払い自体の流れは変わりません。ただし、「払込票方式」と「ペーパーレス方式(番号方式)」で若干支払いの流れが異なりますので、それぞれの特徴やフローを見ていきましょう。

払込票方式

コンビニ決済における払込票方式は、昔からある方式の決済方法です。対応しているコンビニが多く、郵便局で支払えるものもあります。分かりやすさが魅力で、ご年配のお客様でも安心して使えるのがポイントです。

支払いまでの流れ

  1. お客様の自宅に払込票が届く(後払いの場合は、商品に同梱されているケースもある)
  2. 支払期限の前までに、払込票を持ってコンビニへ行く
  3. 店員に払込票を手渡し、支払いを行う
  4. 支払い後、お客様控え兼領収書を受け取る
  5. 前払いの場合、商品が配送される

ペーパーレス方式(番号方式)

商品購入場面に表示されたり、メールで送られてきたりした支払い番号を使ったコンビニ決済です。お客様にとっては払込票を保管・持ち歩きする必要がなくなるというメリットが。販売者側としては、払込票発行の手間がなくなり、支払い完了通知が迅速に届くといったメリットがあります。

支払いまでの流れ

  1. 商品・サービス購入手続き完了後、支払い番号がお客様に通知される
  2. 支払期限の前までに、支払い番号が書かれたメモや携帯電話を持ってコンビニ行く
  3. 店舗に設置された専用端末に支払い番号や個人情報を入力(店員に直接伝える場合もある)
  4. 専用端末から申込券(受付票)が発券されるので、それをレジへ持参し支払いを行う
  5. 支払い後、お客様控え兼領収書を受け取る
    ※コンサートやスポールのチケット等は、その場で印刷され渡されるケースもある
  6. 前払いの場合、商品が配送される

払込票方式とペーパーレス方式(番号方式)のどちらを選ぶ?

一見すると、ペーパーレス方式は払込票方式に比べてメリットが大きく感じられます。しかし実際には、払込票方式は印刷・管理・郵送といった手間や費用がかかるものの、ペーパーレス方式よりも収納手数料が安い傾向にあります。また、多くの人にとって“分かりやすい”というのもメリットです。

上記を踏まえると、ECサイトのターゲットが若年層から高齢者まで幅広いといったケースでは、払込票方式の用意をしておくのがトラブル防止に役立つと言えます。

一方で、マルチメディア端末等の操作に慣れているであろう若年層をターゲットにしているのであれば、ペーパーレス方式を採用し、払込票の発送や入金管理などに割かれていた労力を、サービスの充実にかけていくという戦略も考えられます。

お客様がどのような属性なのか? 分かりやすさを重視しているのか? 低価格を求めているのか? など、総合的な判断の上で、適切な方式を検討しましょう。

コンビニ支払いにおける手数料

コンビニ支払いには、手数料がかかるのが一般的です。この費用は、ECサイト側が負担するのが一般的です。ちなみに、具体的な数字はコンビニ決済代行会社によって異なります。

例えば、コンビニ決済代行会社のA社では下記のように、月額固定費は0円で、支払い金額に応じて処理手数料が異なるケースがあります。

支払金額 処理手数料/1取引あたり
10,000円未満   64円(税込)
50,000円未満 108円(税込)
50,000円以上 324円(税込)

また、月額固定費が変動する形で、サービス料金が変わるパターンも存在します。以下はNP後払いの料金例です。

ご利用料金 サービス料金 月額固定費 請求書発行
郵便料金
Aプラン 5.0% 0円 1取引ごとに190円(税抜)
Bプラン 4.4% 5,000円(税抜)
Cプラン 3.6% 20,000円(税抜)
Dプラン 2.9% 48,000円(税抜)

コンビニ支払いに対応しているお店とは?

コンビニ決済代行会社ごとに、対応できるコンビニの種類は異なります。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといったコンビニについては、ほとんどのコンビニ決済代行会社が対応しています。一方、ミニストップやデイリーヤマザキ、スリーエフ、ポプラなどのコンビニには非対応、という会社もあるので注意しなくてはなりません。

お客様にとってみれば、コンビニによって支払い手順に多少の差は出るものの、対応コンビニ数は多ければ多いほど、利便性はよくなります。コンビニ決済代行会社を選ぶ際には、この点についても注目するようにしましょう。

マイボイスコムがまとめた「オンラインショッピングの決済に関するアンケート調査(2014)」によると、インターネットで購入する際の決済方法における「コンビニエンスストアでの支払い」は、クレジットカード払いに次ぐ結果であり、銀行振込や代金引換、ネットバンキングよりも上位でした。

こうした調査からも分かる通り、ECサイトのコンビニ決済導入は、お客様のニーズでもあります。実現のためには、それぞれの会社にあったコンビニ決済代行業者を探してみてください。

コンビニ決済代行会社との具体的な進め方は「売れてるサイトは導入済み!コンビニ決済とは?」をご参照ください。