マーケティング

【連載第3回】 これからECを始める方へ ~ショッピングカートの種類と選び方~(前編)

こんにちは。ネットプロテクションズのmomoseです。

前回までの記事では、インタビューを通じて、ショッピングカートに関して紹介してきましたが、これから2回に分け、そもそもショッピングカートってどんな種類があるのか、どんな観点で選べばよいのかに関して紹介いたします。

今回の記事では、ショッピングカートの種類について説明していきます。

ネットショップをこれから始めるためには、何を売るのかを考え、準備することはもちろん、ECサイトを用意する必要があります。
ただ、一言でECサイトを開設すると言っても様々な方法があります。

ECサイトの作り方ってどんな方法があるの?

まず、大きく分けて2種類の構築方法があります。
一つ目が、ショッピングモールへの出店、二つ目が自社サイトの構築です。

それぞれ簡単に紹介していきます。

①ショッピングモールへの出店

ECを始める手段として真っ先に思いつくであろう手段として、ショッピングモールへの出店があります。
「楽天市場」や「Amazon」、「Yahoo!ショッピング」がその代表です。

最近では、「Yahoo!ショッピング」が初期導入費や月額固定費を無料にして出店ショップ数を一気に伸ばしています。ショッピングモールでECを始めることの最も大きなメリットは集客力があることです。

一方で、出店しているショップが多く、「違いを出していくのが難しい」、「ショップ自体の認知がされにくい」、「出店料がかかる」といったデメリットもあります。

②自社サイトの構築

ECを始めるためのもう一つの手段が自社サイトの構築です。
自社でサイトを構築するメリットは、自社が思い描くようなサイトにしやすいことや、ショッピングモールに出店する場合に比べ料金が抑えられる場合がある、顧客リストを活用できることが挙げられます。

一方で、SEO対策など自社で担う必要のある施策も増えます。
自社サイトの構築は、さらに細かく2種類に分類することができるため、以下で2種類に関して説明していきます。

1. ASP型

ASPという言葉はあまり聞く言葉ではないかと思いますが、簡単に書くとインターネットを通じて利用するソフトウェアのことです。

ASP型は、無料もしくは比較的低価格な月額費用でショッピングカートをレンタルしネットショップを開始出来ることが特徴となります。

以前の記事で紹介させていただいた、「GMOメイクショップ」や「たまごリピート」はどちらもASP型のサービスとなります。

ASP型は非常に多くのサービスが存在しており、無料で始めることが可能な「BASE」などから、カート機能に加えマーケティング施策まで可能なものや、定期販売に特化した、新機能追加が頻繁に行われるサービスまで出てきています。

ASP型のメリットは、無料のサービスも多く導入コストを抑えられることやサポートが充実しているサービスも多いことが挙げられます。

一方で、カスタマイズの自由度が下がってしまうため、売上規模が上がってくると不足感を感じてくるショップ様もいらっしゃいます。
※SaaS型というカスタマイズ性を重視したサービスも存在します。

2.インストール型

自社のPC上にソフトをインストールし、それをもとにカスタマイズしながら構築していく方法になります。

「ecbeing」のような提供会社が販売をしているパッケージを購入し、それを元に自社に合うようにカスタマイズしてもらうパッケージ型と、「EC-CUBE」などソースコードが公開されているものを自分でプログラミングしていく、フルスクラッチ型が存在します。インストール型のメリットはカスタマイズの自由度がとにかく高いことです。

一方で、構築費用が高額になってしまうことが多いため、初期費用が高くついても大丈夫な、中~大規模なショップ様向けのサービスかと思います。

また、フルスクラッチ型はもちろんですが、パッケージ型においても、定期的な保守が自社で必要になるため、担当者の方にはプログラミングやサーバーなどシステムに関しての専門知識も必要となってきます。

ショッピングカートの種類に関して理解いただけましたでしょうか。
これからネットショップを始めようとする方の参考になれば幸いです。

次回は、今回の話を踏まえ、ショッピングカートを選ぶ際にどんな観点で選ぶかを紹介いたします。