サイト構築

【連載第5回】 ECサイトで売る!そのために求められるUI/UXデザインとは

どれだけすばらしい商品を販売していても、ECサイトのデザインが粗末では売り上げ拡大を望むことは難しいでしょう。ECサイトで売り上げを伸ばすには、購買意欲を引き出すようなデザインが求められます。

ECサイトに必要なデザインとは

ECサイトのデザインは、何よりユーザー目線から検討することが大切です。いくら見た目にこだわっていても、それがユーザーにとって買いたいと思えるデザインとは限りません。では、どのような点について注意すれば良いのか、ここでは三つのポイントをご紹介しましょう。

1.求める商品まで簡単に遷移すること
ユーザーの多くは購入したい、あるいは興味のある何かを求めてECサイトを訪れます。しかし求めている商品がなかなか見つからなければ、すぐに諦めてウェブサイトから離れてしまうでしょう。つまり、「探すのが面倒だ」「ほかのウェブサイトで探そう」などと思われてしまうのです。そのためネットショップのデザインでは、できるだけ簡単にユーザーが求める商品の情報へ到達できることが求められます。

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%81%97%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab

2.何を売っているのかがひと目で分かること
インターネット検索はもちろん、広告出稿やSNSなど、ECサイトへ訪れる入り口はさまざまです。なかには偶然にECサイトを発見し、なんとなく気になって訪問してくれる方もいるでしょう。そんなとき、このECサイトは何を売っているのかが分からなければ、興味を引き出すことはできません。

%e5%a3%b2%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab

3.「かわいい」「かっこいい」といったウェブサイトコンセプトが伝わること
例えばアパレルや雑貨、アウトドア用品など、ECサイトではさまざまな商品が販売されています。しかし、同じジャンルの商品でも、「かわいい」や「かっこいい」などコンセプトによってターゲットが異なります。もちろんコンセプトに限らず、オールマイティに商品を取り扱うこともあるでしょう。しかし、明確にターゲットが決まっているのであれば、デザインから「どんなコンセプトなのか」を伝えることが重要です。そのECサイトのデザインから、ユーザーは自分のイメージにあったECサイトなのか否かを判断します。
「ウェブサイト訪問→商品検索→検討→購入」という流れのなかで、いかにユーザーを購買へつなげていくのか、ECサイトではこの点を踏まえたデザインが必要となります。

ECサイトのデザインにテンプレートを活用する

CMSや専門サービスを用いてECサイト構築を行う場合には、デザインにテンプレートを用いることができます。テンプレートとは、すでに土台となるデザインが施されているものです。複数用意されたテンプレートを試し、ECサイトに適するテンプレートを選びましょう。
テンプレートを活用する場合には、以下の点に配慮することが大切です。

・販売商品やウェブサイトコンセプトにあっているか
・ターゲットとするユーザーにあっているか
・見た目ばかり重視してユーザビリティを無視していないか

先にデザインのポイントで触れたように、あくまでユーザーの目線に立ち、使用するテンプレートを選んでください。なお、テンプレートにはカスタマイズできるものもあります。カスタマイズできる範囲はテンプレートにより異なりますが、同じテンプレートでもカスタマイズによって独自性を出すことが可能です。よりイメージに近いデザインへと変え、ほかのウェブサイトとの差別化を図りましょう。

ネットショップのデザインをおしゃれに魅せる

次のような点に工夫を加えることで、ネットショップのデザインをおしゃれに魅せることができます。

・トップ画面
統一性のあるカラーを用いたり、目を引くような画像を配置したりしましょう。あるいはラインで装飾することで、ネットショップのデザインがおしゃれになります。

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e9%9d%a2

・商品詳細
商品画像の中身や配置の工夫で、ECサイトへの印象が大きく変わります。
%e5%95%86%e5%93%81%e8%a9%b3%e7%b4%b0

・カート
カートボタンのカラーを変えたり、キャラクターを配置して案内させたりすることで、購入意欲を引き出すおしゃれなデザインになります。
%e5%95%86%e5%93%81%e8%a9%b3%e7%b4%b02

まとめ

ECサイトのデザインは、ユーザーを購買へつなげるうえで大切なポイントです。ただの自己満足ではなく、ユーザー目線に立って客観的に確認することが大切です。そのうえで、納得のいくデザインを実現させてください。ウェブサイト開設後も適宜見直しながらデザインを変えていくことで、よりユーザビリティの高いECサイトデザインができあがっていきます。