サイト構築

【連載第8回】 Yahoo!ショッピングやヤフオク!でネットショップを開業する方法

Eコマース業界の大手Yahoo! JAPANのネットショップ。EC運営で通販事業を展開するうえでは、Yahoo!ショッピングにネットショップを出展したいと考える方も多いでしょう。あるいは、ヤフオク!を利用した通販を考えている方もいるかもしれません。Yahoo!ショッピングやヤフオク!を上手く活用するには、まず基本的な開業方法を確認しておくことが大切です。スムーズに開業が進められるよう、ここでご紹介する開業方法を参考にしてみてください。

Yahoo!の手がけるネットショップサービス

Yahoo!は、ふたつのネットショッピングの方法を提供しています。ひとつはYahoo!ショッピング、そしてもうひとつがヤフオク!です。これらの大きな違いは、ショッピング形式であるかオークション形式かであるかということです。Yahoo!ショッピングは定額で販売する、いわゆる通販サイトやネットショッピングと同じものとなります。しかし、ヤフオク!はオークション形式のため実際の売値は落札されるまで分かりません。場合によっては、初期の設定金額より高く売れることもあります。ただし、ヤフオク!にも、定額で販売できる機能が設けられています。そのためヤフオク!だからといって、必ずしもオークション形式で販売する必要はありません。

Yahoo!ショッピングで開業する

Yahoo!ショッピングでの出店方法はふたつあります。「ライト出店」と「プロフェッショナル出店」です。簡単にいえば、ネットショップで生計を立てたいと考えている人はプロフェッショナル出店、また趣味程度に、例えば不用品を売りたいと考えている方はライト出店というイメージです。

ライト出店は、まず専用の申し込みページから必要情報を入力します。この入力は、15〜20分程度で完了するでしょう。そのうえで契約審査が行われますが、審査はさほど厳しくありません。そのため、同時進行でECサイトの開業準備が進められていきます。取り扱う商品によって多少期間は前後しますが、だいたい申し込みから2〜5営業日程度で手続きが完了し、ECサイトがオープンします。

それに対してプロフェッショナル出店は、審査が厳しくなります。申し込み自体は、ライト出店同様15〜20分程度の情報入力で終わりますが、ECサイトの開業準備は審査結果が出た後となります。審査を通ると開業準備に進みますが、ライトプランと比べて機能も多く、準備完了までは数週間を要します。さらに、そこから開業審査が行われ、これを通過してはじめてECサイトをオープンすることができるという流れです。

なお、いずれのプランでも申し込みにはクレジットカードや銀行口座、そしてYahoo! JAPAN IDが必要です。持っていない方は、事前に用意しておくようにしましょう。

ヤフオク!でネットショップを開業する

ヤフオク!を利用するためには、Yahoo!プレミアム会員にならなければいけません。一般会員は無料ですが、プレミアム会員は月額360円の費用が必要です。ただし、プレミアム会員となった後は出品までに煩雑な作業がありません。本人確認をモバイルもしくは郵送で済ませれば、すぐに商品を出品できるようになります。

ヤフオク!には、いくつか禁止事項がありますので注意が必要です。例えば、商品の在庫がない状態で出品することは禁止されており、実際に手元にあるものを売らなければなりません。つまり、Yahoo!ショッピングでは許可されている「お取り寄せ商品」は販売できないのです。商材によってヤフオク!には適さないものがありますので、注意しておきましょう。

また、ヤフオク!にはさまざまな決済方法が準備されています。多くのユーザーは銀行振込を利用しているので、ネット銀行の口座を増やし、ユーザーが抵抗なく利用できるような仕組みを整えておくと良いでしょう。なお、手数料は特定のカテゴリによって変わってくるため、取り扱う商品ごとに確認しておくと安心です。

まとめ

Yahoo!ショッピングやヤフオク!は購入者こそ多いものの、逆に出品者も多く競争率の高いサービスです。そのメリットを最大限に活かし売り上げをあげるためにも、基本となる開業手順を押さえ、最初からつまずかないようにしておきましょう。今回ご紹介した内容をもとに進めれば、焦ることなく開業まで進められるはずです。